Various Contents

野球・読書など徒然なるままに書いたブログ

第99回全国高校野球選手権大会 組み合わせ決定!+優勝予想

夏の甲子園組み合わせ

8月7日(月)から15日間開催される(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせが決定しました!

 

 

 

4日目の第2試合ではいきなり優勝候補の横浜秀岳館が激突!

横浜は、昨年の大会で履正社と激戦を繰り広げたのが記憶に新しいところですが、2年続けてすごいクジ運ですね^^; 

 広陵中京大中京横浜秀岳館のブロックは特に激戦です!

 

 

追記 2017年8月6日】 

日程の変更について

台風5号の影響により、開会式と大会第1日目の3試合が順延になりました。

 

変更後の日程は、公益財団法人日本高等学校野球連盟のページの第99回全国高等学校野球選手権大会大会日程の項目からご覧ください。

www.jhbf.or.jp

  

優勝予想

大阪桐蔭 

秀岳館 

横浜

東筑

東海大菅生

花咲徳栄

神戸国際大付

明徳義塾

 

本命は大阪桐蔭

選抜優勝校ながら、2年生が多くて高い潜在能力を秘めている恐ろしいチーム。

豪華投手陣と強力打線で史上初2度目の春夏連覇に挑む。

 

対抗は秀岳館

選抜では準決勝で大阪桐蔭に惜しくも1-2で敗れベスト4。

田浦、川端のW本格派左腕と長打力のある打線で悲願の甲子園初優勝を狙う。

 

単穴は横浜

秀岳館と初戦で激突。

昨年に続いてチーム14本塁打の神奈川大会記録をマークした打線に注目!

 

大穴は東筑

選抜ベスト8の福岡大大濠を県決勝で破り甲子園への切符を手にした。

5月の練習試合では日大三に勝っていて侮れない存在。

 

東海大菅生西東京大会で日大三、あの清宮を擁する早稲田実業を倒した注目の1校。元プロ野球選手の若林監督にも注目。

 

花咲徳栄は俊足巧打の西川、149km右腕の清水ら注目の選手がそろう。

 

神戸国際大付は選抜4強の報徳学園を破り代表を勝ち取った。強肩強打の猪田はプロ注目の捕手。

 

明徳義塾は昨夏の甲子園ベスト4メンバー西浦、谷合、今井らを中心に15年ぶりの頂点を狙う。

 

週刊朝日増刊 甲子園 2017  2017年 8/15 号 [雑誌]

週刊朝日増刊 甲子園 2017 2017年 8/15 号 [雑誌]