Various Contents

野球(千葉ロッテ、高校野球)中心の雑記ブログです。音楽・読書なども。

「羊と鋼の森」著:宮下奈都のあらすじと感想【2018年6月8日映画公開】

 

2016年に本屋大賞を受賞し、2018年6月8日から映画化される話題作羊と鋼の森の小説を読んだ感想を書きました。

 

 

あらすじ

主人公の外村は、高校生の時にとあるきっかけで調律師の板鳥さんと出会い、ピアノを調律する様子を目にして心を打たれ、調律師を目指す決意をします。

高校卒業後に調律師の養成学校を卒業した外村は、江藤楽器店で調律師として働き始めます。

個性的な先輩たちや双子の姉妹との出会いを通して、調律師として葛藤しながらも成長していく青年の姿を温かく描いた物語。

 

登場人物

外村

主人公。

ピアノの経験や音楽のベースがないことがコンプレックスであるものの、ひたむきに調律師の仕事と向き合っていく。

 

板鳥さん

主人公の人生を変えた調律師。

巨匠のコンサートの調律にも呼ばれる凄腕の持ち主。

飛行機が苦手で海外にはいかず、楽器店で働いている。

 

柳さん

調律師で、親切で気さくな先輩。

趣味でバンドのドラムを演奏していて、婚約中のいわゆるリア充

一方で、青年期に神経過敏になった時期があり、神経質な一面も。

 

秋野さん

口は悪いが調律の腕前は見事で、ピアノに対する強い情熱を持っている。

過去にはピアニストを目指していた。

 

 

佐倉和音・由仁

双子で外見がそっくりな一卵性双生児の姉妹 。

姉の和音はまじめな努力家で、妹の由仁は明るく自由奔放な性格。

 

 

感想 

主人公の内面を中心に淡々と物語は進んでいくので、比較的読みやすい小説だと思いました。

ピアノの調律という絶対的な答えのない音の世界で、それでもよりよい音を探して、それぞれの姿勢で探求していく外村や先輩の調律師たちの姿勢が印象に残りました。

森をイメージさせる比喩表現であったり、それぞれの登場人物の真摯にピアノと向き合う心情であったり、全体的に綺麗な小説だと感じました。

 

2018年2月9日文庫版発売

2月に文庫版が発売されました。森と羊と楽譜の絵が印象的な表紙ですね。

 

羊と鋼の森 (文春文庫)

羊と鋼の森 (文春文庫)

 

 

羊と鋼の森

羊と鋼の森

 

 

本屋大賞

羊と鋼の森は2016年の本屋大賞を受賞しています。

本屋大賞は書店員の投票によって選ばれる賞で、選考委員によって選ばれる他の文学賞と比べると親近感を感じる賞です。

また、過去の大賞作品の多くは映像化されています。

これまでの本屋大賞 | 本屋大賞

 

2018年6月8日映画公開

映画「羊と鋼の森」公式サイト

映画『羊と鋼の森』予告 - YouTube

 

2018年6月8日に映画が公開されます!

主演は山崎賢人さん、NHKのせごどんにも出演している鈴木亮平さんら豪華キャストで、エンディングテーマは久石譲作曲・編曲、辻井伸行ピアノ演奏の豪華タッグとなっています。